高血圧症の治療の基本としての食習慣の改善

まず“減塩”から始まる血圧コントロール

人にとって、食塩は不可欠ですが、摂取しなくてはならない塩の量は、それほど多くないというのが現実です。

“減塩”とはいえ、これまでの過剰摂取量を調整するというぐらいのものです。

健康な人であっても、過剰に摂取した分は、日常的に、尿に溶けて排泄されます。高血圧を患う人にとっては、塩分を制限することは、重要な治療のひとつで、これにより、ナトリウムの過剰摂取による水分の貯蔵を防ぎ、循環血液量の増加が抑制されます。

“減塩”のもつ、血圧上昇抑制の効果は、周知の通りです。自身の健康のために、“減塩”を実践しましょう。それが、高血圧治療の第一歩となります。

スポンサーリンク

 

塩分の抑制と過食の予防によるエネルギー量の削減

食習慣を改善するということは、塩分摂取量を削減することだけを意味するのではありません。健康全般に配慮した場合、高血圧のみならず、食事により摂取するエネルギー量の適正化が最優先課題となります。つまり、食べ過ぎの防止を習慣づけることが必要といえるのです。

肥満は、それ自体が、血圧の上昇につながり、心臓に大きな負担がかかります。また、糖尿病や脂質異常症のリスクも高くなります。

高血圧によってパワーの低下した心臓のポンプに、さらなる負担を掛けないためにも、肥満気味の人は、適性体重を目標とした減量を始めましょう。

エネルギーの過剰摂取を是正するためには、日頃、何気なく摂取している食事をエネルギーの面から見直してみる必要があります。

 

均衡の良い食事を腹八分目に、規則正しくとる

過食は、肥満の他、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症(痛風)など、現代の人々にとって、生活習慣病となっている病状の発症リスクを高めます

これらの症状が動脈硬化のきっかけとなることはいうまでもなく、症状悪化の重要な要因となったりもします。

これに、さらに高血圧が加わると、動脈硬化の危険性が上昇するのは、医学的に当然の知識となっています。実際、高血圧のみを長期に亘って治療している人は、むしろ少数派で、高血圧患者のほとんどが、前述の糖尿病や資質異常症、高尿酸血圧などの生活習慣病を併発しているのが通例です。

仮に、減塩や摂取するエネルギー量の制御が血圧の上昇を防ぐためのカギであるとすると、食事バランスの是正が、逆の意味における対応策であるといえます。

というのも、必要な栄養素をバランスよく摂取することが、高血圧となった血管を守り、強化することにおいて、必要不可欠であるからです。マイナスを減らしつつ、プラス効果を補強すると考えるのが適当でしょう。その前提として、次のような点に配慮する必要があります。

良質なたんぱく質(高たんぱく低脂肪の食品)の過不足のない摂取

野菜、果物、海藻類からのビタミン、ミネラル、食物繊維の十分な摂取

多岐にわたる食品からの、抗酸化作用を有する成分の摂取

 

現代人にとって必ずしも容易ではない、健康的な食習慣の実践

エネルギーの摂取量の低減による肥満の予防と、高血圧をはじめとする生活習慣病の予防・撃退についての知識は、後述しますが、基本的には、均衡のとれた食事を腹八分目に、規則正しく控えめにとることに尽きます。

しかし、こういった当たり前のことが、現代人にとっては、極めて難しかったりするのです。仕事や家事に追われるうちに、食事の時間がずれこむとか、一食抜くはめになるとか、もしくは、付き合いで、連日、飲酒することになるなど、様々な場合が考えられます。そんな中、健康的な食習慣を維持するというのは、容易いことではありません。まずは、このことに対する自覚から始める必要があります。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿