塩分摂取量を低減するための“減塩7か条”

酢やレモン、ハーブを用いて、薄味でも美味しく

塩分を減らして、薄味に慣れる方法として、具体的なものを「7か条」にまとめてご紹介しましょう。いずれも、難しいものではなく、実践可能なものばかりです。ただ、一度にまとめて実践するのではなく、できるものから少しずつ、確実に実行していきましょう。

また、減塩の成功には、家族の協力も必要です。味付けについては、まず、夫婦で話し合ってみましょう。

①  調味料を控えること

しょうゆやソースを全く使わず、あるいは、上からかけずに、別の皿に注いだものにつけて食べる方法です。市販の弁当などを付け合せのしょうゆの袋などを使わず、食べてみるとよいでしょう。既に、十分な塩味がついていることがわかるでしょう。

②  酢や香辛料、ハーブなどの活用

料理の味付けとして、食塩やしょうゆを控え、その代わりに、酸味(酢やレモンなど)や香辛料などを使うようにして、薄味でも美味しくなるように工夫する方法です。ベランダで育てたハーブなどを活用するのも効果的であるといえます。また、かつおや昆布のだしを使うのも、減塩効果が大きいといえます。

スポンサーリンク

③  味噌汁を具だくさんにすること

みそは健康食品ではありますが、摂りすぎは塩分過多になります。野菜や海草、豆類、きのこなどを多く入れて具だくさんにし、汁をたくさん飲まないよう、配慮するとよいでしょう。

④  外食や市販の弁当を控えること

塩分の強い外食やコンビニで売っている弁当を買うことなどはできるだけ控え、昼食は、できるだけ手作りの弁当を持参することを心掛けるとよいでしょう。

⑤  麺類の汁は残すこと

うどんやそば、ラーメンなどの汁は、飲み干さずに、出来るだけ残すことにより、塩分摂取量を減らすことが出来ます。

スナック菓子は出来るだけ控えること

ポテトチップスやコーンなど、スナック菓子などには塩分が多く含まれています。なるべく控えるようにしましょう。

⑦  食卓に調味料を置かないこと

しょうゆや食卓塩などの調味料は、目の前にあると、つい用いてしまいがちです。なるべく食卓に置かないことで、塩分の過剰摂取を控えることが出来ます。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿