血圧が上昇する最悪のメニュー

漬物などの伝統的食品だけでなく、インスタント食品にも含まれている隠れた塩分

血圧が高めの人、及び、高血圧症の人が、気を付けるべき点は、なによりも、塩分の摂りすぎであるといえます。味覚は、生活習慣によって形成されるといわれるように、濃い味付けに慣れている人は、自覚のないまま、塩分を過剰に摂取していることになります。そのような場合、食事を省み、塩分量をチェックする必要があります。

年齢的な観点からみると、中高年以上の人は、漬物や佃煮、干物、梅干しなど、日本古来の伝統的食品を好む傾向が強く、そういった食習慣のため、塩分を過剰に摂取するリスクが高いといえます。

他方、若者は、インスタント食品、レトルト食品、コンビニ弁当などを好んで食べる傾向にあります。こういった食品には、塩分が多く含まれていることが少なくないため、知らないうちに塩分を過剰に摂取してしまうのです。

スポンサーリンク

 

しょうゆやソースなど、調味料の使い過ぎには注意が必要

しょうゆやソース、ドレッシングやケチャップなどの調味料も塩分を含んでいます。使いすぎると、塩分過剰となるため、薄めたり、少なく使うなどの工夫が必要です。

こうしたことを総合的に考慮して、典型的ともいえる高塩分食のランキングをワーストの順から並べてみました。必ずしも医学的に厳密とはいえませんが、気付かぬまま最悪のメニューを食していないか、食習慣を見直すきっかけとしてもよいかもしれません。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿