摂取エネルギーを減少させる食べ方のノウハウ

肉の脂身など「動物性脂肪」摂取の可及的な抑制

高血圧であるうえに、肥満でもある人は、摂取エネルギーをコントロールすることが必要不可欠です。

そのような人は、「動物性脂肪」を食事から低減していかなくてはなりません。その代表的なものとして、高エネルギーのばら肉や霜降り肉など、脂身のたっぷりついたものがあります。

肉には、体内では合成できない必須アミノ酸が均衡良く含まれていますが、摂取しすぎると、エネルギーが過剰に摂取されることとなり、余分な飽和脂肪酸が取り込まれることとなってしまいます。その結果、血液中の悪玉(LDL)コレステロールが増えてしまうのです。

メニューに肉を選ぶ場合には、ヒレ肉や赤身肉、鶏のささみなど、脂肪の少ない部位でなくてはなりません。脂が多い場合には、しゃぶしゃぶや網焼き、ゆで調理など、脂肪を落とす調理法によって、大幅にエネルギーを低下させる必要があります。

また、バターやバターを多く使用してある洋菓子なども、できるだけ控える必要があります。

スポンサーリンク

 

揚げ物は、週一回程度に

ダイエットをしているとか、高血圧症と肥満を合併症としている人は、適性体重に達するまでは、揚げ物などはなるべく控える必要があります。

とりわけ、フライや豚肉のカツなどは、衣に多量の脂を吸収しているため、意外にも高エネルギーとなっています。食べるとすれば、週1回程度にとどめておくのがよいでしょう。

 

量をコントロールすべき主食

ごはんやパン、麺類などの主食は、脂肪が多く含まれる食品ほど神経質に考えることはありませんが、過剰に摂取すれば、エネルギーも過剰になるため、一膳と決めて食べるなど、分量を制限しましょう。

また、パンは、意外に食塩含有量が多いため、食べ過ぎには、注意する必要があります。

 

低エネルギーの野菜や海草類は、上手に取り入れるのがよい

揚げ物や炒め物は、献立にボリューム感を与えるので、こういったメニューが減ると、少し物足りません。低エネルギーの野菜や海草、乾物は、その不足感を補ってくれます。

これらを薄味に調理することで、エネルギー過剰に陥ることなく、満足感のあるメニューに仕上げることができます。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿