野菜を多くとって、塩分を排出すること

野菜に含まれるカリウムがナトリウムを排出

ビタミンやミネラル、食物繊維など、野菜に多く含まれる成分は、人間の体を健康に保つうえで欠かせないものです。しかし、現代人は、食生活が急速に欧米化しつつあるため、これらの成分が不足しがちとなっています。それゆえ、食事の均衡を考えるに当たっては、なによりも、野菜を十分に摂っているかを真っ先に考えるべきです。

しかも、野菜に豊富に含まれるカリウムは、血圧が高めの人や高血圧症の人に欠かせないミネラル成分となっています。カリウムには、食塩の主成分であるナトリウムを体外に排泄する働きがあり、非常に大切な成分なのです。

 

海藻や果物にもあるナトリウム排泄の効果

この医学的なメカニズムを少し、ご紹介します。そもそも細胞では、ナトリウムとカリウムが、その内外のバランスを一定に保とうとする関係を維持しています。

スポンサーリンク

すなわち、塩分を過剰に摂取することで、細胞内にナトリウムが増加した場合でも、カリウムが細胞膜を通じて細胞内に入り込み、増加したナトリウムと均衡を維持すべく作用し、結果的に、ナトリウムを細胞外に運び出すのです。

よって、野菜を摂取すればするほど、ナトリウムが排泄され、血圧を低下させるという効果が得られます。

このカリウムは、野菜の他、海藻類や果物に多く含まれます。日常の食事により、十分に摂取するよう心がけましょう。

 

緑黄色野菜、淡色野菜など、できるだけ野菜を多く摂取する

高血圧症を代表とする生活習慣病の予防・改善には、1日350g程度の野菜を摂取することが望ましいといわれています。とりわけ、ニンジンやかぼちゃ、ピーマンなど、赤、緑、黄色の濃い緑黄色野菜は、ビタミンA、C、Eの他、ベータ・カロテンを豊富に含んでおり、がんに対する免疫力の上昇、老化の原因である活性化酸素の削減などに大きく寄与しているといわれています。一方、キュウリやレタス、大根などの淡色野菜は、主として、ビタミンCの補給源として重宝されています。

日常食のメニューを考えるにあたっては、肉や魚など、美味しそうかどうかで判断しがちです。しかし、より大事なことは、そのメニューによって、どれだけ多くの野菜を摂取することができるかであるといわれています。均衡のとれた食事は、すなわち、野菜を多くとる食事であることを十分に認識しておく必要があります。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿