高血圧症の備えとなるビタミンA・C・E

高血圧症の人には不可欠なビタミンA・C・E(エース)

ビタミンの健康に対する効果に関しては、いうまでもありません。

人間の体は、三大栄養素、すなわち、タンパク質、炭水化物、脂質から成り立っていますが、いずれの栄養素も、ビタミンとミネラルの補助なしには、十分に作用することができません。このことから、三大栄養素にビタミン、ミネラルを含めて、「第一の栄養素」などと呼ばれたりします。

しかし、どのビタミンにも、血圧を低下させる特別の効果があるというわけではありません。ところが、血圧が高めの人や高血圧症の人にとって、欠かすことのできないビタミンがあります。これが、ビタミンA・C・Eです。これらの栄養素は、高血圧症による動脈硬化の予防・改善にとって、大きな効力を発揮します。

スポンサーリンク

 

活性化酸素を防いで、老化を防ぐビタミンA・C・E

ビタミンAは、体の免疫力を上昇させてくれます。緑黄色野菜に含まれるベータ・カロテンは、体内でビタミンAに変わり、細胞のがん化や老化につながる活性酸素の弊害を防ぎます。

ビタミンC・Eも、活性酸素を低減させることで、体の老化や錆びつきを防ぎます。特に、ビタミンCには、抗ストレスの働きを高めるホルモンの増加を促進し、うつ病予防にも効果があります。一方、ビタミンEは、血行促進・老化防止などに強い効果を有し、美容に関心のある女性には欠かせない栄養素となっています。

なお、ビタミンCとEは、相互に協力する働きをするため、一緒に摂取することで、効果が格段に上がります。

この他、ビタミンB群は、疲労回復に効果を発揮します。ビタミンB1、B2、B6、B12など、体に蓄積した疲労物質の除去や、神経系統の機能の正常化といった働きをするビタミンがあります。

これらのビタミンをすすんで摂取することで、血液中のコレステロールの酸化や、動脈硬化の進行を防止し、血圧を正常化することができるのです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿