ポリフェノールなど「機能物質」の活用

ファイトケミカルの摂取による体の酸化の防止

ポリフェノールは、10年ほど前、赤ワインブームですっかりおなじみになりましたが、これは、活性酸素を撃退することで、体の錆びつきや老化を防ぐ抗酸化物質の一種であるといえます。このような、酸化防止の効力を有する植物性の機能物質は、ファイトケミカルといいます。

ポリフェノールに続き、イソフラボンやカテキン、セサミノールなど、多くの種類が知られるようになり、食品のみでなく、サプリメントから摂取する人も増えています。

ファイトケミカルには、血圧低下の即効的な効果はありませんが、細胞のがん化を防いだり、血液中のコレステロールの酸化の抑制による動脈硬化の予防効果、あるいは、抗鬱作用などがあります。積極的に摂取することで、高血圧症の合併症を予防したり、高血圧症を改善したりすることができます。

ファイトケミカルは、野菜や果物に多く、次のような成分となっています。

スポンサーリンク

ポリフェノール

赤ワインの他、緑茶やウーロン茶などに多く含まれる成分で、悪玉(LDL)コレステロールに対する強い抗酸化作用があります。動脈硬化を原因とする心臓病の危険を大幅に改善することができます。

イソフラボン

大豆の芽に豊富に含まれる成分です。女性ホルモンに類似した働きをもち、女性の更年期症状の緩和や、骨粗しょう症の予防、その他、乳がんや大腸がん、前立腺がんなどに予防効果を発揮します。

カテキン

緑茶をはじめ、紅茶、ウーロン茶などに多く含まれる成分です。発がん抑制効果やコレステロール・中性脂肪など、血中脂質を低減させる作用をもち、糖尿病の予防効果もあります。

セサミノール

ごまに含まれる成分で、細胞のがん化の防止、悪玉コレステロールの酸化抑制による動脈硬化の抑制などの働きをします。

ルチン

そば、トマト、アスパラガスなどに含まれる成分です。血圧の制御や貧血の予防の働きを有しています。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿