動脈硬化にとって促進作用のある油、抑制作用のある油

コレステロール値を下げるには、動物油よりも植物油

食用油には、動脈硬化を促進する作用があります。動脈硬化は、高血圧症の原因となりやすく、同時に、高血圧症が動脈硬化を促進します。動脈硬化が心臓病や脳卒中など、生命にかかわる症状の原因となる以上、油選びにも気を配る必要があるといえます。

脂質は、脂肪酸によって構成されており、人間のエネルギー源となっています。脂肪酸は、不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸とに分類され、前者は一般に、食物油に多く含まれ、後者は、バターなどの動物油に多く含まれています。また、不飽和脂肪酸には、コレステロールを上げる働きが、飽和脂肪酸には、コレステロールを下げる働きがあります。コレステロール値が高い人は、バター、ラード、肉類などの脂肪に注意する必要があります。

スポンサーリンク

 

紫外線や熱により酸化しやすいリノール酸

リノール酸は、コレステロール値を下げるということから、コーン油やサフラワー油、ひまわり油などが話題を集めたことがあります。ところが、その後、リノール酸を摂りすぎると、善玉コレステロールも減少してしまうということがわかってきました。

また、リノール酸は、紫外線や熱によっても、すぐに酸化してしまうのです。同じ脂肪酸にも、酸化されやすいものとされにくいものがあります。酸化されやすい脂肪は、体内に入ると、活性酸素の作用を受けやすくなるのです。

 

オリーブ油に含まれるオレイン酸は酸化されにくい

他方、同じ不飽和脂肪酸でも、コレステロール値を下げるにもかかわらず、酸化されにくいというオレイン酸があります。オリーブ油には、このオレイン酸が豊富に含まれています。

前述のように、リノール酸は、摂取しすぎると、悪玉コレステロールのみならず、善玉コレステロールまで減少してしまうのですが、オレイン酸は、悪玉は減らしても、善玉を減らすことはありません。このことから、オリーブ油こそ、動脈硬化を減らす理想的な油であるとされています。

オリーブ油は、ビタミンEも豊富に含むので、老化を予防する効果もあります。油が、高エネルギーの食品である以上、摂取のし過ぎは禁物ですが、同じ油を摂るのであれば、断然、オリーブ油がよいといえます。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿