健康食品や天然塩の効果の是非

あくまで補助食品である健康食品やサプリメント

生活習慣病やメタボリック・シンドロームの知識に関する普及に伴って、健康食品や飲料、並びに、サプリメントなどが多く出回るようになりました。

血圧や血糖値の高い人、あるいは、コレステロールや中性脂肪を減らそうと思っている人には、頼もしい手段だといえるでしょう。

確かに、いずれも、成分に関する栄養的な裏付けに基づいており、それなりの健康効果があるとされています。

しかし、自然の食品には、単一でない栄養素や食品因子が含まれており、そこに価値があります。底に含まれるビタミンやミネラル、さらに、新規に見直されている食品因子が相乗的に作用することで、血圧が正常に維持されたり、動脈硬化が予防されたりするのです。

スポンサーリンク

「―が多く含まれる」という健康食品やサプリメントは、その成分に関する効果はあっても、自然の食品に固有の栄養素の相乗効果を期待することはできないのです。

健康食品やサプリメントは、あくまで補助にすぎず、健康保持の主体ではないのです。そのことをしっかり認識し、服用の際には、過剰な期待をしないようにしなくてはなりません。

また、服用する際には、科学的根拠の確かな製品を選ぶことが大切です。雑誌の広告やインターネットなどを見て購入するケースが多いようですが、なかには、成分の不明瞭なものも少なくありません。

どうしても服用する場合には、厚生労働省認可の「特定保健用食品」(健康の維持・増進を目的とするもの)や「栄養機能食品」(補助を目的とした食品、ビタミンやミネラルなど)など、成分が正確に表示されたものを選びましょう。

 

体にやさしいものでも、摂りすぎは害に

近ごろでは、ミネラルに富む岩塩や天然塩の消費が伸びています。精製塩に比べると、これらの塩は、確かに、ミネラルが豊富なので、体にやさしいといっても間違いではありません。しかし、ナトリウムをまったく含んでいないわけではなく、体に良さそうだからといって摂り過ぎれば、高血圧の人には、よくないといえます。

高血圧の改善の基本は、ナトリウムの摂取を控え、適性エネルギーを摂取しながら栄養の均衡を保つことです。なんとなく健康に良さそうだからと、イメージだけで安易に健康食品を利用するのは、適当であるとはいえません。

雰囲気やブームに影響されず、賢く選んで摂取することが、生活習慣病の予防には大切であるといえるでしょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿