健康の秘訣であるといえる規則正しい食習慣

朝食抜きの習慣が若い層を中心に広がっている

現代人にとっては、規則正しい食事の習慣を確立、維持することが、何よりも大切であるといえます。それとともに、均衡のとれた食事をとり、健康効果の高い食品を選ぶ努力が必要です。しかし、これは、簡単なようで、実際には、非常に難しくなってきています。

たとえば、近ごろ、若年層を中心に広まりつつあるのが朝食抜きの習慣です。「三度の飯」などという慣用句にあるように、食事は朝昼晩の3回が適当、かつ、健康に良いとされています。

しかし、朝食抜きの習慣は、徐々に広がりつつあります。

スポンサーリンク

 

残業などで夕食を遅くとるため、翌朝には食欲がわかないというケース

主たる要因として挙げられるのが、現代人の多忙さです。これは、朝、ゆっくり朝食をとっている時間がないため、ついつい抜きにしてしまうというものです。なぜ時間がないのかというと、残業などで帰宅が遅く、就寝時間も遅いため、朝はぎりぎりまで寝ているというのが大抵の理由です。残業で夕食が遅くなったり、飲み過ぎたという場合もあるでしょう。そういった場合には、当然、食欲がわかないものです。さらには、朝食を抜き、ダイエットに活かそうという「確信犯」もいます。

いずれの場合にも、現代人のライフスタイルが色濃く反映されており、それだけ一層、これらの習慣は、陥りやすく、改めることが困難なものとなっています。

 

朝食を抜くと体に負担がかかり、ダイエットも逆効果

朝食を抜くということは、ガソリンを充填しないまま、自動車を走らせるようなものであり、体には、大きな負担がかかります。一方、体は、何とか挽回しようと、朝食時にはエネルギーを多く補充しようとします。そこで、ついカツ丼の大盛りなどを注文し、腹持ちがよくなり、夕食の時間がずれ込むことになったりしてしまうのです。

このように、「朝食を抜く―お腹が空く―昼食を食べ過ぎる―夕食の時間がずれ込む―翌朝、お腹が空かず、朝食を抜く―かえって太る」という悪循環に陥ることが多くあります。

一旦、習慣となってしまうと、そう簡単に改めることができないため、朝食をしっかりとる、夕食は早めに済ませるなど、規則正しい食生活を送るよう、常に心掛ける必要があります。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿