何が原因であなたは肥満になったのか

食事と運動不足が肥満の原因

厚生労働省の調査によると、日本では、肥満人口が増加傾向にあり、特に30代男性の肥満傾向は急上昇しています。30歳以上の男性の3人に一人が肥満であるというデータもあるほどです。他方、女性では、肥満傾向は減少しつつあり、このことから、ダイエットに対する関心の高さがうかがわれます。

肥満の原因は、特段の理由のない限り、食事と運動に関する生活習慣のいずれか(あるいは、その両方)であると考えられます。生活習慣が間違ったものでないかどうか、今一度、良く見直してみる必要があるといえます。

ちなみに、食事面からみた、肥満の原因は、主に、次の5つであるといわれています。

①     食べすぎ、大ぐらい

②     早食い、よくかまない

③     不規則な食事(朝食抜き、夜食をとるなど)

④     濃い味付けを好む

⑤     間食を多くとる

スポンサーリンク

 

すべて食べ過ぎにつながる間違った食習慣

食べ過ぎや大ぐらいは、余剰の脂肪が体に蓄積するため、肥満の原因となることは、いうまでもありません。早食いで、よくかまない場合、脳の満腹中枢が「よく食べたから、もうこの辺でやめておこう」という指令を出す前に食べすぎとなってしまうため、肥満につながるといわれています。

また、遅い時間に夜食をとると、吸収された脂肪がエネルギーへと変換・消費されることなく、脂肪となって蓄積されます。また、消化の不十分なまま朝を迎えると、食欲がわかず、朝食を十分にとらないため、逆に、昼は空腹となり、今度は、ドカ食いをして、満腹となり、夕食が遅くなる――という悪循環となってしまうのです。

味付けの濃さも、ご飯の食べすぎにつながるし、ケーキなど間食のとりすぎも、脂肪分の蓄積につながります。どうしても、という場合には、こんにゃくやサツマイモなど、低カロリーのものをとる必要があります。

 

運動不足は肥満のもと

運動面で検討する場合は、とにかく体を動かしているかどうかが大事です。次の3点につき、チェックしましょう。

①     ウォーキングなどの運動を習慣づけている。

②     仕事や家事の合間に体操やストレッチをしている。

③     エスカレーターよりも階段などという具合に、体を動かすことを意識している。

こういった運動の習慣がない場合、肥満になる傾向が強いため、気を付けるべきだといえるでしょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿