なぜ運動しなければならないのか?どのような運動が効果的なのか?

血圧を上げ、体脂肪を燃焼させる運動

高血圧症の改善には、日常的に運動の習慣をつけることが欠かせません。なぜ運動を要するのか、既に述べてきましたが、その第一の理由として、血管・血液に対する影響が挙げられます。

運動は、体を温め、血管を開いた状態にします。その結果、血流がよくなり、心臓が血液を押し流すのに必要な強い「」が不要となるのです。それにより、血圧は低下することとなります。

さらに、運動は、体の代謝を上げる働きもします。代謝が活発になることで、体内の脂肪の燃焼も盛んになるため、肥満の予防・解消に効果があるのです。

また、日常的な運動は、副交感神経の働きを高めます。それにより、血圧が低下し、精神的な緊張もほぐれることとなり、ストレスの解消にも効果を発揮するのです。

スポンサーリンク

 

水泳、ウォーキングなど、日常的な有酸素運動の重要性!

運動をするならば、酸素を効率よく体内に取り込むことのできる有酸素運動をお勧めします。なかでも、水泳は非常に効果的です。浮力と水圧のかかる水中では、体の負担が軽くて済み、なおかつ適度な負荷をかけることができます。自治体が運営するプールなどを積極的に利用しましょう。

ただし、高血圧症の人は、寒さに気を付けなくてはなりません。その場合、室内プールなど、温度管理の万全な施設を見つけることが重要となるでしょう。

この点、施設などを見付ける必要がなく、誰でも手軽にでき、しかも、効果が高いという意味では、ウォーキングに勝るものはありません。次項にて紹介する点を遵守し、楽しく、日常的に継続することをお勧めします。

 

ゴルフを月に一回では、十分ではないが、激しい運動も、心臓への負担となる

運動習慣というと、月一回のゴルフ、あるいは、草野球の常連だからOKという人もいます。たしかに、ゴルフや草野球で発汗することは、とても良い習慣です。しかし、月に一回、あるいは、週に一回という程度の運動では、日常的に運動習慣があるとはいえません。ウォーキングなどの運動を一回30分、毎日、そうでなくとも、週に3回は行うのがよいでしょう。

この点、激しい運動は一切不要です。むしろ、激しい運動は心臓への負担となってしまうので、無理なく、笑顔でこなせる運動習慣をつけましょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿