血圧の上昇の原因となる酒の飲み過ぎ

少量の飲酒は血圧を下げ、過度の飲酒は血圧を上昇させる

アルコールに血圧を下げる効果があると聞けば、酒飲みの人ならば、とても喜ぶことでしょう。実際、アルコールには、血圧を下げる効果があるのです。

飲み始めた途端、頬がポッと赤くなっている人をよく見かけます。これは、アルコールの作用で、血管が開いて、血流が良くなるためです。皮膚を通して判るほど血行が良くなり、血流が促進されているわけで、この段階で、血圧はかなり低下しています。

しかし、これをいいことに、その後も調子よく飲み続け、適量を超えてしまうと、今度は逆に、アルコールが血流を収縮させるように作用し始めます。深酒して、顔色が蒼くなった人を見かけることがありますが、これも、飲み過ぎによる血管の収縮の結果であるといえます。軽い飲酒により、一旦、下がった血圧は、この段階では、一転して急上昇しているわけなのです。

スポンサーリンク

 

生命にかかわる疾患の原因となりうるアルコールの飲みすぎ

アルコールの飲み過ぎが習慣となってしまうと、血圧が慢性的に上昇するようになることはもちろん、肝臓にも悪影響が及び、中性脂肪が増え、善玉(HDL)コレステロール値が低下することとなります。これにより、動脈硬化が促進され、生命にかかわる心臓病や脳卒中のリスクが高まることとなります。

大量飲酒の習慣化は、その他、肝機能の低下による体全体の不調、脂肪肝や肝硬変などの肝臓病、胃腸の障害、アルコール依存症など、多様な疾患の原因となります。この点につき、注意が必要です。

 

血圧を急上昇させる寒い時期のはしご酒

高血圧のある人が、特に注意しなければならないのが、はしご酒です。酔った状態で移動すると、急に激しい運動をしたのと同じ影響が体に及びますから、それだけで、心臓には大きな負担がかかります。

さらに大きな影響があるのが、寒い時期のはしご酒です。酔って温まった体を寒い外気に当てれば、血管は大きく収縮し、それにより、血圧は一気に上がり、心臓は悲鳴を上げることとなります。

何軒もはしごをするなどということは、自らわざわざ無理な負担をかけて血圧を上げているようなものです。アルコールは、節度をもって楽しむ必要があります。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿