日常生活におけるこまめな気分転換

のんびり温泉旅行に行くことだけがストレス解消法ではない

ストレスを感じた場合、一週間程度休暇を取り、温泉旅行に出かけてのんびり過ごしてくる――このようなことができれば、誰もストレスで悩むことはないといえます。1週間の温泉休暇どころか、一泊旅行もとれないのが多くのサラリーマンや主婦の現実なのです。

しかし、あきらめることはありません。温泉に出かけなくても、ストレス解消の良い方法があるのです。

どれほど趣味のないひとでも、こうするとホッとできるとか、気分が良いなどといった楽しみの一つや二つは必ずあるものです。それを少し時間があるときに、少しだけ楽しむというわけです。

ささやかな努力ですが、習慣化することにより、ストレスが過重となることは、確実に防げます

スポンサーリンク

そういった方法をいくつか例に挙げてみましょう。

散歩をすること

公園や街をぶらぶらと散歩するだけで、気分転換ができます。休みの日には、ごろ寝するなら、外に出かけましょう。かえって、疲れがとれるでしょう。

お気に入りの場所を見つける

公園のベンチや喫茶店の片隅の席など、そこへいけばホッとできるといった場所を見つけ、ときどき「憩い」に行きましょう。

好きな音楽を鑑賞すること

世界中で音楽療法が行われているように、音楽には大きな癒しの効用があります。演歌、クラシックなど、好きな音楽を聴いて、心からリラックスしましょう。

カラオケで大声で歌うこと

日常生活で大声を出すことなど、まず、ありません。そこで、カラオケは、絶好の機会なのです。お腹の底から声を出すことによって、ストレスも吹き飛んでしまうことでしょう。

おしゃれをすること

いつものパターンのお決まりの仕事着ではなく、スカーフや明るめの色のシャツなどで、少し、おしゃれをしてみましょう。うきうきと前向きな気持ちになるでしょう。

香りを楽しむこと

すっかり定番となったアロマテラピー。休日の昼下がりや入浴時などに、積極的に取り入れましょう。楽しく、手軽にリフレッシュできることでしょう。

動植物に親しむこと

条件が良ければ、ペットを飼う、庭やベランダでガーデニングをするなど、動植物に親しむ機会を増やしましょう。心が癒されると同時に、生活に張りが生まれ、励みになることでしょう。

料理をつくること

料理には、体の五感をフルに使うことが要求されます。これが、脳にとって、心地よい刺激となり、リフレッシュ効果が得られるのです。休日の午後など、たまには、腕を振るってごちそうをつくってみましょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿