血圧を上げない上手な入浴の仕方

熱い湯ではなく、ぬるま湯に短時間つかるのがよい

入浴は生活の基本ともいえるものであり、心身にとって、測り知れない健康上の効果をもたらしてくれます。しかし、血圧が高めの人や高血圧症の人にとっては、文字通り、両刃の剣のごときものであり、間違った入浴法によって、血圧が急騰するといった場合があります。よって、次のような事柄に気を付け、心臓に負担のかからない入浴法を心がけるようにしましょう。

まず、お湯の温度についてですが、熱い湯は急激に血圧を上げ、入浴後には急低下させるというように、循環器系に様々な負荷をかけます。よって、熱い湯の中でやせ我慢するなどということは問題外です。43度以上の湯は避け、39~41度のぬるい湯につかるよう心がけましょう。

それに、たとえぬるい湯であっても、あまりに長時間つかっていると、心臓に負担をかけるリスクがあるといえます。湯船につかる時間は、10~15分ぐらいを目安とするのがよいでしょう。

スポンサーリンク

 

寒い脱衣室を暖め、浴室も温度調整すること

近ごろは、健康上の常識のうちの一つとして定着してきましたが、寒い脱衣室と、暑い浴室の温度差は、やはり、対処すべき事柄です。

どのような人であっても、急に寒さに曝された場合、血管の収縮と、血圧の急騰を免れることはできません。最悪の場合、心臓に過重な負担がかかり、脳卒中や心筋梗塞などに至る場合もあります。血圧が高めの人の場合、特に注意が必要です。

冬は脱衣室に電気ヒーターを置くなど、温度調節するようにするのがよいでしょう。浴室の温度が低い家庭の場合、シャワーでお湯を張ったり、風呂桶の蓋をせずにおくなど、浴室全体を暖めるよう、工夫するとよいでしょう。

こういった注意は、温泉旅行の際などにも必要です。雪を鑑賞しながら露天風呂につかるなどといったことは、風情満点であるといえますが、心臓は負担を強いられることとなります。旅先の温泉で倒れる人が後を絶たないという事実もお忘れなく。

 

サウナ風呂も入り方ひとつによって効用は様々なので、医師と相談を

血圧が高めの人にとっては、高温のサウナはいかにもリスクのある感じがしますが、必ずしもそうではないのです。入るサウナの温度や時間が適度であれば、血管がほどよく開き、血圧の低下に効果的であるといえます。

むろん、無理は禁物です。心臓などの疾患を患っている人は、医師と相談のうえで利用するようにしましょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿