注意を要する朝の起床時や階段の上り下り

血管が細り血流が悪くなっている早朝

血管が高めの人は、朝の起床の時間には、注意する必要があります。早朝高血圧などのように、明け方に限って、血圧が上昇するという症状がみられる場合もあります。高血圧症が進行している高齢者の方は、特に注意する必要があります。

早朝高血圧のメカニズムは、いまだ完全には解明されていないのですが、おおよそ、血管と血流の関係が基本となっていると考えられています。

安静状態にある就寝時には、多くの血流は必要ではないため、血管は収縮して細くなった状態となっています。他方、目覚めて後、活動し始めると、血流が増え、血圧は一気に上がることとなるのです。

また、活動している日中は、血液は怪我などの事態に備えて凝固しやすくなっていますが、夜間はその必要がないため、固まりにくくなっています。そして、起き抜けには、再び固まりやすい状態へと変化するのです。

つまり、朝の起床時には、血管は収縮して細くなり、血液は固まりやすくなっているため、血流が悪くなる条件がそろっているわけなのです。このため、血圧が上昇し、心筋梗塞や脳卒中の発作を発症するリスクが高いといえます。

スポンサーリンク

 

階段を駆け上がることや重いものを持つことはリスクを伴う

さらに、ごく普通の日常生活をしていても、急に激しい運動をすることや、無理な力の入れ方は、血圧の急騰を招くこととなるため、要注意です。

朝の通勤時、電車に間に合うようにと、階段を駆け上ることや、赤信号になりかけている信号を走って渡ったりすることには、リスクがあります。また、うんと踏ん張って重いものを持ち上げたりすることも、避けるべきだといえます。

 

朝は時間に余裕を持ち、何事もゆっくりペースでこなすこと

これまで述べた内容からも、早朝の起床時間には、体に負担をかけることが最もリスクを伴うことであるということがわかるでしょう。よって、寒いのを我慢してトイレに起きたり、ベッド体操のため、急激に体を動かしたりすることは避けなくてはなりません。

また、着替えや洗面などに関しても、できるだけゆっくりしたペースで行うべきであると言えるでしょう。早めに起き、余裕のある一日を始めましょう。

くれぐれも避けるべきなのは、朝寝坊をしたからといって、駅の階段を駆け上がるような行為をすることです。こういったことは、高血圧症の人にとっては、自殺行為にも等しいものなのです。

 
スポンサーリンク

 

カテゴリー

最近の投稿