寒い季節や真夏日には血圧が上昇

血圧が上昇する冬には寒さ対策が重要

血圧は気温に敏感に反応するものです。特に、高血圧症の人にとって、寒さは大敵です。気温が下降する秋から冬にかけての季節には、寒さ対策を心がけるべきです。

寒さは、体を冷やし、血管を収縮させます。一方で、体は寒さというストレスに対抗すべく、より多くの血液を流そうとするのです。その必然の結果として、血圧が上昇することとなります。

寒い季節、特に注意すべきなのが、暖房のきいたところから寒い場所に、急激に移動する場合です。これは、ヒートショックと呼ばれる反応を招き、血圧を急激に上昇させます。単に血圧が上がるのみならず、脳卒中や心筋梗塞に至る場合もあるのです。

冬の朝、トイレに起きるなどの場合には、くれぐれも要注意です。暖かい室内から屋外に出るような場合も、必ず、コートやマフラーなどを着用するようにしましょう。

スポンサーリンク

 

寒さ防止のための五つの心得

「伊達の薄着」などをせず、保湿性の高い衣類でしっかりと防寒すること

携帯の簡易カイロなども積極的に活用すること

入浴時には、浴室や脱衣室などもしっかりと保温しておくこと

トイレが寒くならないように、保温の便座やストーブなどで保温すること

食事をきっちりととり、日常的に運動することを心がけること。十分な睡眠をとることも大事。

 

夏には、暑さだけでなく、冷房に対する対策も大切

暑い季節でも、安心は禁物です。真夏日などは、体の水分が急激に喪失されてしまうため、

脱水症状や、熱中症に至る場合があります。水や麦茶などによる、こまめな水分補給が必要です。

しかし、近ごろでは、夏の暑さというよりは、冷房の寒さによる冷えの方が問題であるともいえます。強い冷房によって、体が冷えると、血管が収縮し、血圧の上昇に至る場合もあります。

クーラーのききすぎている職場などでは、ひざ当てをしたり、カーディガンなどを羽織ったりして、冷房対策を心がけましょう。

いずれにしても、血圧が高めの場合、寒さや暑さから身を防御する何らかの工夫が必要であるといえます。特に、極端な寒暖の変化は要注意です。さまざまな自衛策を考案してみるのもよいでしょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿