性格や趣味、加齢なども、高血圧の要因に

言い争いによって、血圧が200にまで上昇する場合も

性格も血圧の上昇する要因の一つです。短期で怒りっぽく、日頃からイライラしているような人の場合、ちょっとしたことでも大きなストレスとなって心に溜まりますから、それだけで血圧も上昇しやすくなるのです。

ある調査では、日頃、正常な血圧の人でも、口げんかや言い争いなどによって、瞬間的に最高血圧が200mmHgを超える場合があるというデータがあります。性格は、なかなか直せるものではありませんが、イライラせず、怒らず、争わず、ゆったりとした心持で生活するのが、血圧上昇を防ぐにはよいようです。

よく、100歳を超えるお年寄りが、長寿の秘訣はと訊かれ、「細かいことにくよくよせず、のんびりと生活すること」と答えていますが、このことにも、性格と血圧の関係がうかがわれます。

スポンサーリンク

 

興奮につながりやすい趣味は、なるべく避けること

趣味や娯楽は、生活に潤いを与え、ストレスの解消にもつながります。高血圧症の予防・治療のためにも、是非、活用すべきであるといえるでしょう。

ただ、その楽しみ方や内容によっては、血圧の上昇に至ってしまう場合があるので、要注意であるといえます。

その代表例が、ギャンブルやスポーツの勝敗への熱中です。プロレスやサッカーなどの観戦中に、興奮して死亡してしまったなどというニュースを聞いたことがあるはずです。男性の場合、アダルトビデオやDVDの鑑賞による性的興奮などにも要注意です。

むろん、こうした趣味や趣向は、ある程度、気持ちを入れなくては成立しえないものでもあり、ストレス解消になるともいえません。そのあたりに関しては、うまく折り合いをつけ、「熱く」なるのを適当なところでとどめておくのがよいでしょう。

 

高齢者の高血圧の原因は動脈硬化

血圧が年齢とともに上昇することは、前に述べた通りです。

しかし、最も大きな要因は、やはり、動脈硬化であるといえます。年齢を経るとともに、大動脈や手足など、体の末端にある末梢神経が硬化したり、細くなったりするのです。

動脈硬化が進行すると、血液の流れが悪くなり、その結果、動脈圧が高まり、高血圧症となってしまいます。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿