高血圧の人が性生活において注意すべき事柄

性行為により上がる血圧はどのぐらいか?

性行為によっても、血圧が上がることがわかっています。高血圧の人が豊かで健康的に性生活を送るには、いくつかの点に注意する必要があります。

そもそも、性行為によって、血圧はどのくらい上昇するのでしょうか。様々な調査により、一回の性行為によって、最高血圧が30~150mmHg、最低血圧が20~50mmHg程も上昇することが知られています。

したがって、普段の最高血圧が120~150mmHgという具合に、かなり高血圧気味の人の場合、性行為により、血圧がかなり急騰することが考えられるのです。

もともと血圧の高い人が、瞬間的にではあっても、極端な血圧上昇を起こすことには、大変なリスクがあります。血管の負担が急激に増大して、狭心症の発作や脳卒中に至る恐れがあるのです。

スポンサーリンク

 

重度の高血圧症の人は、性行為を控えること

性行為と血圧の関連性に関しては、家庭での性生活の態様が様々であることや、個人によって差があることなどから、一概にこのようにすべきであるといった断定はできかねます。

ただ、性行為が瞬時に心拍数の急騰につながり、血圧が上昇することとなるのは、確実であるといわれています。最高血圧が200mmHg以上、最低血圧が120mmHg以上といった人は、性行為は控えるべきであるといえます。

 

さらにリスクが増す婚外交渉

日本人の突然死の5559例を調査した結果、性行為の心臓発作によるものは34例で、全体の内の0.6%でした。興味深いのは、このうちの27例が婚外交渉であったということです。

長年のセックスパートナーである伴侶とは異なり、不倫や行きずりの相手の方が興奮度が増すため、このような結果となっているのであろうと思われます。高血圧の人は、くれぐれも、注意する必要があるといえるでしょう。

 

ED治療薬による死亡事故にも要注意

性的欲求は、食欲などに並ぶ人の持つ本能のうちの一つであるといえます。それゆえ、性の問題は、人生80年時代の高齢化社会では、回避することのできない問題であるどころか、QOL(生活の質)大きく影響するところの重大なテーマであるといえるでしょう。

そういったことから、米国で開発された男性のED(勃起障害)の治療薬であるところのバイアグラが大きな注目を集めました。

近ごろでは、日本でも、かなり普及しているといわれています。ただ、バイアグラで注意すべき点は、副作用によって、死亡する場合があるということです。とりわけ注意が必要なのは、医師と相談の上、服用するのではなく、インターネットなどで入手して服用する場合です。高血圧の人がバイアグラの使用を希望する場合、必ず、医師と相談の上、服用する必要があります。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿