病院にいって、高血圧の検査をしてもらうときにすべこと

高血圧の原因や種類、合併症があるかどうかを調べる

血圧が高いということが発覚するのは、多くの場合、職場や地域で受ける定期的な健康診断の結果からであるといえます。

その検査結果が悪く、「要再検査」「要治療」などの指摘を受けた人は、病院(医療機関)にて、改めて検査を受けることになります。

病院では、問診の後、血圧や高血圧に付随する合併症の有無、二次性高血圧の可能性などにつき、より詳しい検査をします。一般的には、次のような検査が行われています。

血圧測定

「最高血圧(収縮期血圧)140mmHg以上、最低血圧(拡張期血圧)90mmHg以上」であるときは、高血圧の判定がなされます。しかし、通常は数回受診した結果によって評価、判断がなされます。

スポンサーリンク

尿検査

尿検査では、「尿蛋白」や「尿沈渣」などをチェックし、主に、腎機能に異常がないかを調べます。高血圧と腎臓は、密接な関連性を有しています。

血液検査

血液検査には、大きく分類して、赤血球や白血球など、血液中の成分を検査する「一般検査」と、血液に溶解している脂質や糖、尿酸などの物質を検査する「生化学検査」の二種類があります。

眼底検査

眼底は、体内において、唯一、血管の状態を直接的に診ることのできる部位であるといえます。眼底動脈や網膜の状態を見ることで、高血圧の重症度、動脈硬化などの程度などを診断することができます。

胸部X線検査・心電図検査

胸部X線検査は、心臓、大動脈、肺などの画像診断をすることができます。高血圧に伴う心拡大や、動脈硬化の状態などを知ることができます。

心電図検査も、心肥大や不整脈の異常をチェックすることができるものです。

超音波検査

心臓に超音波を当てて、その時々の心臓の構造と機能をチェックすることができます。心筋(心臓の筋肉)の収縮する状態や心肥大の程度・形状など、心臓病の診断にとっては欠かすことのできない検査であるといえます。

必要に応じて行われる検査

CTやMRI・MRAの画像検査は、高血圧の合併症の診断などに用いられます。高血圧などによる脳出血や脳梗塞など、脳や脳血管系の障害、冠動脈の異常、大動脈の状態などをチェックするために、広く活用されているといえます。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿