さまざまな種類のある降圧薬

さまざまな違いのある降圧薬の作用の仕方や効果

高血圧症の薬には、さまざまな種類、タイプがありますが、薬の成分、作用の仕方、効果の現れ方などは、さまざまに異なります。その主なものをご紹介します。

カルシウム拮抗薬

血管平滑筋の細胞の中に血液が流入するのを抑制し、血管を拡張させて、血圧を低下させる役割があります。高血圧症の治療の第一選択薬として、広く使用されています。

アンジオテンシンⅡ(AⅡ)受容体拮抗薬

血管を収縮させるホルモンが、アンジオテンシンⅡといいます。AⅡは、その受容体を刺激し、血管を収縮させて、血圧を上げますが、その作用に拮抗するべく、血圧が下がります。血流がよくなるだけでなく、臓器や血管壁が保護されるという効用もあります。脳卒中、心臓病、糖尿病、慢性腎疾患、認知症などの発症を抑制する効果もあります。心臓や腎臓などに合併症のある場合には、特に効用が高いといえます。副作用もほとんどないため、注目度が最も高い薬であるといえます。

スポンサーリンク

ACE阻害薬

ACEは、アンジオテンシンを変換する酵素です。ACEの働きを阻害すると、アンジオテンシンⅡの生成が抑制され、血圧が下がります。AⅡ受容体拮抗薬と同様、脳、心臓、腎臓への負担を軽減する作用がありますが、咳が出やすくなるという副作用があります。

レニン阻害薬

腎臓が分泌するホルモンに、レニンがあります。アンジオテンシノージェンに作用し、アンジオテンシンⅠに変換し、アンジオテンシンⅠはACEにより、アンジオテンシンⅡに変換されます。レニンの働きを阻害する薬剤は、アンジオテンシンⅡの生産の源を阻害して、血圧を下げます。

α遮断薬

交感神経の活動を抑制し、α受容体を遮断することによって、末梢神経を拡張し、血圧を下げます。早朝高血圧の場合の改善に、効用があるといわれます。

β遮断薬

心筋の交感神経にあるβ受容体を遮断し、心臓の過剰な働きを制御することによって、血圧を低下させます。狭心症や心筋梗塞などの合併症がある患者さんには、特に効果があるといえます。

降圧利尿薬

血液中に過剰に摂取された塩分(ナトリウム)、および、水分を排泄し、血圧を低下させるための薬です。高血圧症の治療のための第一選択薬だったこともありますが、近ごろは、それ程、使われなくなりました。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿