市販の風邪薬や胃腸薬と併用する場合の注意点

風邪薬、胃腸薬でも現れる思わぬ副作用

降圧薬を服用している人が市販の風邪薬や胃腸薬を飲む場合、併用の態様によっては、思わぬ副作用が生じる場合があるので、注意が必要です。

風邪薬の場合

一般の風邪で、数日だけ市販薬を服用する場合であれば、降圧薬として服用しても、ほとんど問題がないといえ、あまり神経質になる必要はありません。

風邪薬で、ときに問題となるのが、アスピリン、インドメサイシン、イブプロフェンなど、消炎解熱剤が含有されているケースです。ACE阻害薬やβ遮断薬の効き目が弱まることがあるためです。血圧を測定する際に、注意して確認する必要があります。

スポンサーリンク

また、高熱時に降圧利尿薬を服用し続けると、身体の脱水症状が悪化するというケースがあります。そういった場合には、医師に相談し、服用する量を調整する必要がります。

胃腸薬の場合、重曹を含有するものに注意する必要があります。重曹はナトリウムを含んでいますので、塩分を減らして血圧を低下させようとしても、別の薬でナトリウムを補充するということになってしまいます。

そのほか、シメジチンという胃炎の薬の入った市販薬は、カルシウム拮抗薬やβ遮断薬の作用を強化し、血圧を過度に下げてしまうケースが稀にあるといえます。

薬の成分表をチェックするか、良くわからない場合には、医師や薬剤師の指示を仰ぐようにしましょう。

漢方薬の場合

例えば、グリチルリチンを含む甘草を長期に亘って服用したりすると、血圧が上昇したりする場合があるのですが、漢方薬の血圧に及ぼす影響は、まだ十分に解明されてはいないのが現状です。

その意味からも、安易に服用することは回避すべきであるといえるでしょう。漢方薬を常用している場合は、その点につき、医師に予め相談すべきであるといえます。

 

グレープフルーツとカルシウム拮抗薬には注意する必要があります

ひとつだけ、注意すべきなのが、カルシウム拮抗薬と一緒に、グレープフルーツを食べたり、ジュースを飲んだりすることです。

とりわけ、ジルチアゼムにおいて、顕著な反応が現れます。グレープフルーツに含有されるナリンジンという物質の作用によって、薬の効果が数倍に増幅し、血圧が異常なほどに低下したり、除脈をきたしたりします。その他、立ちくらみなどの症状を起こすこともあります。

合併症のある場合には、降圧薬の選択が困難になるといえます。他の薬物とも併用により、薬の効果が弱まったり、副作用の生じるリスクが高くなったりすることがあるためです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿