合併症がある場合の薬物療法

脳卒中 脳に流れる血液を確保する

高血圧を治療しなくてはならない、最大の理由は、生命にかかわる「脳・心臓・腎臓」への合併症を未然に防止する必要があるということです。

とりわけ、高血圧症が原因となる脳への障害は、他の合併症にも増して、発症頻度が高いといえます。

既に、脳出血(脳内出血、くも膜下出血など)、脳梗塞を合併している人の場合、病状、年齢、体調などを十分に確認の上、慎重に降圧薬が選ばれます。

服用される降圧薬はさまざまですが、カルシウム拮抗薬、ACE阻害薬のように血管を拡張する薬剤が主流です。

スポンサーリンク

 

心臓病 心臓に対する負担を軽減する

高血圧症に、狭心症、心筋梗塞、心肥大など、心臓病を発症している人には、心臓の負担を削減するための降圧薬が処方されます。

具体的には、カルシウム拮抗薬、ACE阻害薬、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬、β遮断薬、降圧利尿薬などがあります。

RAS抑制薬(ACE阻害薬、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)は、血管を拡張することによって、心臓にかかる負担を軽減し、心不全や心肥大を抑制するという効果を目的として処方されます。

カルシウム拮抗薬も、血管を拡張し、心臓にかかる負担を軽減するものです。また、この薬は、心筋の酸欠状態にも効果的であるといえます。とりわけ、冠攣縮性狭心症に対しては、特効的予防効果が認められます。

降圧利尿薬は、心臓の機能が衰え、体内にナトリウムや水分が貯留している場合に、効力を発揮する薬であるといえます。

 

腎臓病 病状に応じて選ぶべし

高血圧の合併症として考えられる腎臓病には、急性腎炎、慢性腎炎、腎盂腎炎、腎動脈硬化症、大動脈炎などが挙げられます。治療法や治療薬などはそれぞれに異なる為、併用される降圧薬も当然のことながら、異なってきます。

その中でも、腎臓への負担を軽減する効果のあるカルシウム拮抗薬やアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬、ACE阻害薬などは、慢性腎炎をはじめとする症状に対し、処方されることが増えてきています。

いずれにせよ、腎臓病はその種類が多岐にわたっており、高血圧との相互関係も複雑であるといえ、簡単には、最適な降圧薬を処方できないケースも少ないとはいえないため、症状に合わせ、医師と相談しながら治療を進める必要があるといえます。

 

糖尿病 悪影響を及ぼす薬も存在

まれに、降圧薬が糖尿病の悪化につながったり、糖尿病の治療薬であるところのインスリンや血糖降下薬によって、血圧の正常化が阻害されたりする事例がみられることがあります。

糖尿病が合併している場合、利尿薬やβ遮断薬が処方されることは、ほとんどないといってよいでしょう。糖尿病薬と併用すると効果が出にくいとされるためです。

 

痛風 尿酸に無関係の薬が必要

痛風、高尿酸血症の人の場合、尿酸値を上げるための降圧利尿薬は処方されません。カルシウム拮抗薬、ACE阻害薬、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬、カルシウム拮抗薬、ACE阻害薬、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬がその主要な治療薬となります。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿