民間療法は安易に信じない方がよい

即効性を謳ったものには、科学的でないものが多くみられる

高血圧症は、中高年層に圧倒的に普及していることから、民間療法も多く行われるようになってきています。

たしかに、民間療法の全てがまがい物で効果のないものとは言い切れませんが、なかには、まったくひどいものもあるので、頭から信じ込んで、依存しきってしまうという姿勢は、感心できないといえます。それにより、結果的に、治療の機会を喪失し、高血圧の状態を放置することになってしまうという高いリスクを伴うためです。

疑うべきなのは、「血圧がみるみる低下する魔法の水」「――治療法で、高血圧を三日で解消」といった、科学的でないにもかかわらず、即効性を謳ったものです。このようなものに対し、しっかりと見極めることが大切であるといえます。

スポンサーリンク

 

積極的に摂りたい、お茶や酢などの健康食品

民間療法の中には、必ずしも効果がないともいえず、むしろ、健康維持にとっては効果的であると思われるものも数多くあるといえます。ドクダミ茶、クコ茶、ヨモギ茶、そば茶、ゴーヤ茶などがそうです。

高血圧の改善にとって、どのような効果があるのかといった医学的な解明が完全になされているわけではありませんが、含有されているさまざまな成分が血行の促進や活性酸素の撃退などに効果的であるというデータ結果も報告されています。このほか、バナナは塩分を排泄するカリウムを含むのでよいとか、酢は抗酸化作用が高いなど、さまざまな食品の健康効果が強調されています。

いずれにしても、こういった食品を集中的に摂ったところで、血圧が低下するというわけではありません。高血圧症の治療を目的としてというよりは、自分の体質に合ったものを健康維持を目的として、補助的に摂取するという姿勢がよいといえるでしょう。

 

信頼のおける医師にかかり、しっかりと治療すること

高血圧症の治療は、ほとんどの場合、かなりの長期間に亘るといえます。根拠のはっきりしない民間治療に頼ることなく、生活習慣の改善と薬物治療を根気よく続けるという姿勢が望ましいといえます。

それだけに、信頼のおける医師にかかり、しっかりとコミュニケーションをはかりつつ、治療を行っていくということが大事です。高血圧症の治療の評判の良い医師を見つけ、相談しながら、納得できる治療を進めていくことが必要です。

信頼のおける医師は、必ずしも大学病院にいるというわけではありません。街の小さな開業医であっても、高血圧症治療に情熱をもって当たり、高い実績を上げている人も少なからずいるといえます。クリニックの雰囲気や医師の人柄などからも判断し、しっかりと見極めることが大事です。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿